通訳週間の振り返り①

今月初めにアメリカのBalanced Body本社より、教育部門マネージャーのJoy Puleo先生とPortia Page先生が来日いたしました。
お二人が滞在中、僭越ながら私が各講座の通訳を務めさせていただきました。

左からPortia, Joy, そして間抜けな顔をしている私(←二人とも突然何を言い出すかわからないので真剣です笑)

最初に通訳させていただいた講座が、”Movement Principles(動きの原則)”というもので(二日間、計18時間)、こちらは2019年から新たにスタートした、基礎解剖学と体の基本的な動作が楽しく学べる講座です。

なぜ正しい姿勢が大事なの?
なぜ呼吸が大事なの?
インナーマッスルって一体何?
背骨ってどういう仕組みなの?

という疑問に全て答えてくれます。
※Balanced Body認定インストラクターになるには2019年より必須の講座となります。ですが、ピラティスインストラクターだけでなく、パーソナルトレーナーやヨガインストラクター、運動指導をしている方に是非一度は受講していただきたい講座です。

四つん這いの姿勢で、脊柱の動きを学びます。
前の3人に注目すると…皆同じポーズを取っていて面白い!(四つん這いでのマーチングの動きをしながら体幹の安定を学んでいます)

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!とても楽しかったとの声を頂戴しまして、私としましても大変嬉しく思いました。
この講座は4月より私が担当いたしますので、ご興味のある方は、是非こちらをご覧ください。

左からSaki先生、Portia Page先生、Joy Puleo先生と私。最高のチームです!

続く・・・

ピラティススタジオV8
代表 萩野佳央理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA